読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいじょうぶを買うならココ♪

優しさに包まれるような 作品です。ママが泣ける本ですよ♪幼少の子供には理解しずらいかも?ですが、子供は大人よりもたくさんの不安を抱えて生きてますよね。子どもには丁度良いサイズですね。

下記の商品です!

2017年02月18日 ランキング上位商品↑

だいじょうぶだいじょうぶだいじょうぶ [ いとうひろし ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そっと子供に本を読み聞かせながら「だいじょうぶだよ」と言ってエールを送って下さい。老眼になると見えなくなる事を痛感しています。2歳くらいになると他の子と比べても怖くなかったものが急に怖いと感じ始めたり不安になってきたり、人見知りになったりでうちの子の場合だといつも泣かされ役なので私がこの先、園に行っても大丈夫なのかな?と不安になっています。いまでこそ言葉を話すことが不自由な父ですが!言葉がけを大切だと言い!赤ちゃんだった孫たちにいつも話しかけていました。なんだかウルっとくる本です。以前!いとうひろしさんの講演会に参加させて頂いた時は!こんな繊細な絵本を描くような印象がなかったのですが!最近知って購入しました。これからは!なにかあったら「だいじょうぶだいじょうぶ」・・・そうしたら元気になれる気がします。レビューをみて購入。この絵本を読むたび!親孝行をしなければなぁ!と思います。購入して良かったです!読み聞かせ用にと思い 購入したのですが 自分の親と重なってしまい、どうしても途中から涙が出てきます。どうぞ読んでみてください。送料無料なのも良いですね。難しいですが。最後は涙がぽろぽろこぼれてしまうようなやさしい作品です。大人の私が読んでも気持ちがホッコリします。このお話の中の「ぼく」が、おじいちゃんの愛情をしっかり受け継いで、おじいちゃん(たぶんそれ以外の人たちにも)に同じ思いを向けられる子になったことに、感動しました。近くの書店では大型版しかなかったため、こちらのショップで見つけて即注文。ほっこり出来る内容なので!友人もほっこりしてくれたらいいなって思ってます。『だいじょうぶ だいじょうぶ』・・・、とっても心温まる言葉、子供たちにも通じたようで毎日嬉しそうに喜んで読んでいます。)僕が成長していく過程で、どんな困難に出会っても、なんとかなる。この本は子供の不安をおじいちゃんがやさしく受け止めて励ましてあげるほんわかムードで進んでいくのだけれどいつの間にか私に「だいじょぶだよ」と言ってもらってるような錯覚に陥ります。何度読んでも泣けてきます。そして大きくなった僕が、おじいちゃんのためにしてあげたことは・・・?ここで必ず泣いてしまいます。絵本ですが!大人も読んで元気になれる本です♪以前から気になっていた絵本で!大人が読んでも心が温かくなるお話です。大切な一冊になりました。散歩でどんなことを話していたかはわかりませんが!きっとこのおじいちゃんと同じように!温かい気持ちで孫たちのことを見守ってくれたと思います。何か失敗して叱られるという不安でいっぱいだったとき、「だいじょうぶ」と言ってもらえてどんなに安心したことか。)1〜2歳児の世界がどんどん広がっていく様子が、息子と重なってしまいます。私も子どもに、「だいじょうぶ だいじょうぶ。優しくて!何度も読み返したくなる本です。介護をしながら!何もできない自分に自信をなくしていましたが!この本を読んだらなんか安心しました。おじいちゃんの目で読んでしまうというのは、自分が年を取ったからかなあ。『だいじょうぶ』という言葉のパワーを感じる絵本です。本を読む時間。。。 だいじょうぶ の一言が どんなに安心させてくれるのか 包み込むのか!わが子にも こうでありたかった・・と 反省。そんなとき、こちらの絵本をみつけました。2歳の息子3歳の娘に購入しました。何回か読んであげるうちに子供を自然と励ましてあげられる本じゃないでしょうか?子供はいつの間にかイヤだったことつらかったことを言わなくなり自分で解決していこうとするそうですね。。そして、孫たちをとても愛していて、昔は孫とよく散歩をしていたものです。(でも一方で!困ったことや怖いこともこの世の中にはあると知ります。そのたびにおじいちゃんは僕の手を握り、「だいじょうぶ だいじょうぶ。自宅に1冊ありますが、最近落ち込んでる友人へのメッセージとして購入。」とおまじないのようにつぶやくのでした。弱くて怖くて不安でいっぱいだった男の子が最後には。3歳の息子にはまだ理解できない部分が多いですが、私が読みながら泣きそうになってしまいました。悲しいとき!困ったときに!誰かがかけてくれる「だいじょうぶ」って言葉が一番慰めになると思うのですね。「だいじょうぶ」という言葉の持つ力ってすごいですね。大人へのプレゼントにもいいかもしれません。赤ちゃんがお腹にいる時に読んでいましたが、何より自分が勇気つけられたように思います。そのときのことをわが子がどれだけ覚えているかはわかりませんが!読み聞かせてあげたいと思います。ちょっと不安になった時に読むととても癒されます。やさしい気持ちになれますよ。絵柄が小さいので 自分の膝の上に開いて 子供達を回りに集めて 一緒に見ながら 読む方法が良いかもしれません。それを見て!わが子の成長を感じつつも!切ない想いでいっぱいでした。子どもに読み聞かせながら!自分に言い聞かせている感じです。落ち込んだ時の大人の方にも良い絵本だと思います。とても素敵な本です。大人になって今、実は「だいじょうぶ」って愛情がないと言えない言葉だと分かりました。子供が大きくなったときにぜひ読んで欲しいです。。届くのが楽しみです。私の父は今脳梗塞を患い、孫たちとのコミュニケーションがうまくとれず、さみしそうにしていることが多くなりました。以前!いとうひろしさんの講演会に言って!この本を知りました。(僕とおじいちゃんは毎日のようにお散歩を楽しんでいました。 勝手に決めてますが(笑)何かを教えたり 学んだりとしてほしく。」と言ってあげられる母親!人になりたいなぁ。3歳の娘も!ひらがなが読めるようになったので!ゆっくりゆっくり弟に読んであげています。だいじょうぶだいじょうぶと前向きに思うところ!おじいちゃんの想いをしっかり受け継いでいて素敵です。おじいちゃんは草や木、空、虫、人などに古くからの友達のように声をかけていました。自分が子どもの頃そうだったと。読み手にも大丈夫だよって言ってくれているような癒される絵本です。孫に読み聞かせるにはちょっと文字が小さいと思いました。家の近くをのんびり歩くだけの散歩でしたが、冒険するような楽しさに溢れていました。